脂肪を凍らせてどんどん排出しちゃおう!「脂肪冷却」なら部分痩せが可能!

脂肪を減らしたいと思っても、食事制限や運動で痩せるのは大変ですよね。
「もっと手っ取り早く脂肪を減らす方法はないの?」と思っている人はきっと多いはず。
脂肪を取り除く方法と言えば「脂肪吸引」が有名ですが、麻酔を使う手術となると「興味はあるけどちょっと怖い…」と感じるかもしれません。
そこでニュース!実は、痛みがほとんどなく麻酔や切開の必要もない安心な方法で、脂肪吸引と同じような効果が期待できる痩身術があるんですよ。
それが、最近注目の「脂肪冷却」です。
この記事では、脂肪冷却とは何か、効果はどの程度あるのか、どんな副作用があるのか、といった点について、具体的に説明していきます。
なかなか減らない脂肪に悩んでいる人は、ぜひ今後のダイエットの参考にしてください!

脂肪冷却とはどんな施術をするの?

「脂肪冷却」などと聞くとちょっと怖いイメージが湧くかもしれませんが、すでに多くの人が体験して痩せ効果を実感している、エステの定番メニューのひとつです。
「脂肪は4℃で凍る」という現象を利用し、皮膚や血管を傷付けることなく脂肪だけを凍らせて、よぶんな脂肪を自然に体の外へ排出させるという施術法です。

でも、なぜ凍った脂肪が体外に排出されていくのでしょうか?
実は、凍ってシャーベット状になった脂肪は細胞の活動がストップすることから、体内で不要なもの、つまり老廃物だと判断されてしまうのです。

同じように体にとって不要なその他の老廃物と一緒に体外へ排出されていくため、脂肪の量が減ってスッキリ痩せられるわけですね。
この方法だと脂肪細胞自体を減らすことができるため、リバウンドが少ない痩身法としても人気です。さらに脂肪冷却はセルライトにも効き目があるので、しつこいセルライトの解消にもおすすめのメニューですよ。

施術時は、脂肪冷却専用のカップを使い、痩せたい部位の脂肪だけを冷却していきます。気になる箇所の脂肪を効率的に排除できるので、部分痩せが可能。
このように、「痛みがない」「リバウンドしにくい」「部分痩せができる」と、脂肪冷却には多くのメリットがあるのです。

脂肪冷却の痩せ効果は?

脂肪冷却の効果は個人差がありますが、早い人ではたった1回の施術でおなかが引っ込んでウエストが3センチ減ったという人もいれば、2~3回通ってようやく変化を感じられたという人もいます。
ただ、ひとつ知っておきたいのは、冷却された脂肪はおおよそ1~2カ月の期間をかけてゆっくり排出されていく、という点。
そのため即効性はなく、効果を実感できるのは施術から2~3カ月たってからという人が多いようです。
その間は、脂肪が老廃物となって少しずつ排出されている過程なので、もう一度同じ個所を脂肪冷却したい場合は、2カ月以上たってから受けるのが良いですよ。

ぜい肉がたくさん付いて脂肪に厚みがある方が脂肪冷却の効果が出やすく、肉の薄い部分だと効果を感じづらいという特徴があります。
皮下脂肪の付きやすい、おなか・おしり・太ももなどには、まさに最適ですね。

ル・ソニアの脂肪冷却コース
施術の実績紹介

ウエスト:-5.5cmサイズダウン

太もも:-2.5cmサイズダウン

脂肪冷却の副作用&注意点

脂肪冷却の危険性や副作用については、今のところ大きく問題になったケースはないようです。脂肪吸引のように麻酔やメスを使う施術法ではないため、比較的安全なメニューだと言えるでしょう。
しかし、脂肪冷却にも施術前に知っておいた方が良い注意点がいくつかあります。大事な内容なので、しっかり目を通してくださいね。

副作用

まれに施術後に赤みが出たり、患部が痛んだり、痺れたような感覚になる人がいるようです。
脂肪をシャーベット状になるまで凍らせるため、多少の違和感や筋肉痛のような鈍痛を感じる場合があるようですが、ほとんどはすぐに症状が治まるとのこと。
赤みについては、吸引による現象なのでしばらく経てば自然に消えて行くことがほとんどです。
大抵の場合、施術当日から入浴や食事などは普段通りでOK。歩いたり階段を登ったりなどの日常レベルの活動も特に制限する必要はありません。

しかし、中には1カ月くらい赤みが引かなかったという人もいるようです。
ここまでの症状になると、脂肪冷却自体の副作用というよりも、使用したマシンの影響や、施術を行ったサロンスタッフの技術面に起因している可能性もあります。
もし脂肪冷却を受けたあとに気になる症状が出たら、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。
もうひとつ、おなかを脂肪冷却する場合は、下痢の症状が起きるケースがあります。おなかをダイレクトに冷やすので、体質的におなかが緩くなりやすい人は要注意です。

注意点

もっとも注意しなければいけないのは、「信頼できるエステサロンを選ぶ」ということです。
中には、安全性の低いマシンを使用していたり、スタッフの技術が未熟だったりというサロンもあり、料金の安さだけで選んでしまうとそのようなサロンに行き当たってしまう危険性もあります。

クリニック選びの際はまず、サロンの実績やインターネットの口コミ情報などをチェックし、「このサロンは本当に信頼できるのか?」という点をしっかり見極めるようにしましょう。
さらに、エステの無料カウンセリングなどを利用し、サロンの雰囲気やスタッフの様子、設備の充実度などを実際に自分の目で見て判断することも重要です。
また、脂肪冷却の効果を最大限に引き出すために、施術後2日程度は、サウナ・岩盤浴・ホットヨガなど身体が温まるようなことは避け、入浴も湯船に浸からずにシャワーで済ませるなど、必要以上に体温を上げないように気をつけましょう。

まとめ

脂肪を凍らせて老廃物として排出してしまう、脂肪冷却。
新陳代謝の働きを利用した施術方法なので、身体に無理がかからず副作用が少ないのがメリットです。
運動や食事制限をしなくても部分痩せができるのはうれしいですね。

おなか・おしり・太ももなど、ぜい肉の多い場所ほど脂肪冷却が効果的です。
何をしても痩せられない人や、皮下脂肪が気になっている人は、検討してみる価値は大いにありそうですね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る